この記事は約 3 分で読めます。

妊活のすすめ妊娠する力を育てよう~はじめに

女性であれば誰しも備わっている“妊娠するチカラ”。しかし、最近では妊娠したくてもなかなか子宝に恵まれない、そして“不妊”という言葉をいろんな場面でよく耳にすることが多くなってきました。
ところであなたは不妊の定義を知っていますか?

不妊(症) infertility, (sterility)
生殖年齢の男女が妊娠を希望し,ある一定期間,避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という.その一定期間については1年というのが一般的である.

出典:日本産科婦人科学会|お知らせ 不妊の定義の変更について

もともとは2年と言われていたようですが、最近になって「1年」と定義づけるのが望ましいという結論に至ったそうです。

さて、“不妊”というワードで連想されるのが、“不妊治療”ではないでしょうか。
子供を望むけどなかなかできないという状況の中で、一瞬医療行為が頭をよぎる人も多いのでは?

まずは妊娠するチカラを取り戻しましょう

girl-lying-on-the-grass-1741487_1920

医療行為に頼る前に、妊活を始めるにあたってまずやるべきことがあります。
それは、「妊孕力(にんようりょく)を取り戻す」ということ。
妊孕力とは、妊娠する力のことを指します。本来女性であれば、この妊孕力が誰しも備わっているはずなのですが、ある原因によって妊孕力が低下している傾向も少なくありません。
その原因とは、主に生活習慣
睡眠不足・仕事や対人関係のストレス・運動不足など。心当たりのある人も多いのではないでしょうか?

まずはこれらの改善が、妊活への第一歩となります。

不妊治療の前にやっておきたいこと

bed-945881_1920
生活習慣の乱れを改善するほかにも、不妊治療を行うまでのステップを踏んで妊孕力を取り戻しましょう!

性生活

妊娠するためには、パートナーとの性生活は欠かせないものになってきますね。
女性には、排卵日があります。この排卵日を見極めて性生活を行うことが妊娠への第一歩となるので、パートナーの協力が必要不可欠となります。


排卵日を知るにはまずは基礎体温のことを知ることが大切です!
妊活ライフに欠かせない一冊です。

基礎体温を計るのに欠かせない基礎体温計と、デザインがかわいい基礎体温表を揃えれば、妊活ライフが楽しくなること間違いなし♪

サプリメント

次に、サプリメントの摂取です。生活習慣の改善の延長ですが、不足しがちな栄養素を補う方法として、一番手軽な方法とも言えます。
もちろん食材から栄養を摂れればそれが一番良いのですが、忙しくてなかなか自炊ができない場合に無理に自炊を行おうとすると、それが却ってストレスになることもあります。
毎日数錠飲むだけなので、取組みハードルも低めです。


妊活中はもちろん、妊娠中も積極的に摂取していきたい葉酸サプリ。
流産のリスクを減らす効果があるほか、排卵障害や出産前の胎盤早期剥離の防止などなど、妊娠と葉酸は切っても切れない関係にあります。
摂取しておいて損はありません。

ストレスの緩和

芸能人でも、森三中の大島美幸さんが不妊に悩まれていた際、“妊活”と言う形で芸能活動を休業されていました。
その後無事に妊娠、そして出産に至ったことからも、不妊とストレスは密接な関係にあるといっても過言ではなさそうです。
ストレスと言うのは自分が思う以上に抱えているもの。思い切って環境を変えてみることで良い変化がついてくる例も多くあります。

ヒーリングミュージックで自律神経を整えるのもオススメ!
睡眠導入やお部屋でのリラックスタイムなど。お気に入りの1枚を見つけておきましょう。

これらの改善を行って来たら最後に不妊治療に入っていきます。

焦らずマイペースな妊活を!

赤ちゃんが欲しいなと思ったら、とにかくまずは自分のカラダを最大限にいたわりましょう!
仕事が忙しい人は思い切ってセーブするのも手ですし、長期の休みを取ってリラックスするのもいいですね。
なかなかすぐには改善されず焦りが出て来てしまうこともあるかと思いますが、ゆっくりマイペースに環境を整えて妊娠するチカラを育てましょうね。