この記事は約 3 分で読めます。

妊娠中に起きる頭痛の「原因」から考える対処方法

Pocket

普段頭痛とは無縁という人も、妊娠した途端に頭痛に悩まされることが多くなります。
筆者もそのタイプで、今まであまり頭痛になったことはなかったので妊娠中の頭痛にはほとほと悩まされていました。

実は妊娠中は、頭痛が起きやすいようです。
今回はなぜ妊娠中に頭痛が起きやすいのか?妊娠中にできる頭痛の対策について見ていきたいと思います。

頭痛のタイプによって違う?妊娠中の頭痛の原因


頭痛には偏頭痛と、緊張型頭痛の2種類があるのはご存知でしょうか。
どちらも原因は相反するもの。
ざっくりいってしまうと「偏頭痛」は、脳に送られる血液量が増えることで起き、「緊張型頭痛」は逆に脳に送られる血液量が減るために酸素不足になることから頭痛の原因となるとされています。

妊娠中に関して述べてしまえば、偏頭痛はホルモンバランスの変化によっても起きやすいと言われています。
緊張型頭痛は、妊娠中の運動不足による血行不良が原因で起きやすくなります。
妊娠中期あたりには貧血を起こしやすい妊婦さんも多くなります。そうするとやはり脳内の血液量が減ってしまい、そのまま緊張型頭痛につながっていくということにもなります。

妊娠中に頭痛が起きたらどうしたらいい?対処方法は?

普段であれば頭痛が起きたら市販薬を飲んで対応するという方も多いかと思いますが、妊娠中は迂闊に薬も飲めません。ここでは簡単に対処方法をご紹介します。

また、どちらの頭痛のタイプも対処方法が真逆になりますので、自分の頭痛のタイプがどちらかをしっかり見極めるようにしましょう。

「偏頭痛」の対処方法


偏頭痛の原因は脳内の血液量の増加でしたね。ですので、通常よりも増えている血液量を抑えてあげる対処が必要です。
横になって目を閉じて安静にしてみましょう。
その際に、手のひらで目を覆って骨の部分を押してみるのも効果がありますよ。

また、お風呂に入る際にも気をつけたいことがあります。
偏頭痛は、頭を温めると余計に血液量が増加しますので、湯船に浸かるのは極力避けた方がベター。
冷やす方が痛みも緩和されますので、首後ろに冷えピタなどを貼るのも効果的です。

カフェインもいいと言われていますが、妊娠中のカフェインの摂り過ぎはあまり好ましくないので、1日1〜2杯を目安に飲むようにしましょう。

「緊張型頭痛」の対処方法


血行不良や鉄分不足が原因で引き起こされる「緊張型頭痛」は、脳内への血液量が減少している状態になっています。
脳への血液量を増やすために、血流を送り込む働きをしてあげましょう。
頭部を温めたり、ツボ押しをしてあげるのも良いですよ。偏頭痛とは違い、湯船に浸かるのもOKです。
水分を摂るのも、血の流れがよくなるのでオススメです。

偏頭痛と同様に、少し横になって休むのも、痛みが和らぎます。
妊娠中は疲れやすいので、頑張り過ぎてしまったなと感じたら、適度に休憩を取るようにして身体を労わるようにしてくださいね。


妊娠中は貧血になりやすいので、毎日意識的に鉄分を摂るように心がけたいですね。


首後ろを冷やしたいときは子供用の冷えピタがおすすめ。サイズもちょうどいいです。