この記事は約 2 分で読めます。

40歳女性の不妊ブログ17 体外受精にステップアップしては…

【過去の妊活ブログはこちら】
【40歳の妊活ブログ】

『体外受精にステップアップしては…と思うのですが』

先生から1つ飛び越えた提案に戸惑いました。

『人工授精ではないんですか?』
『タイミングで結果が出なくて、通水検査でもはっきりしない結果だとすると、人工授精はあまり意味がないと考えます。まぁ年齢的に余裕はないですしね…。後は、開腹手術してるって事も少しネックでね…』

開腹手術がネック?
やっとの思いでした、手術がネックって??

はっきりしない物言いと、手術の後の辛さの思いが少しイラッとしてしまい先生に突っかかる言い方で…
『ネックって何ですか?こちらで紹介されていった病院でした事ですよ?紹介された病院では、妊娠には問題ないって言われてこちらに戻ったんです。妊娠するしないは、別の問題ですけど、開腹がネックならなぜ先に指示して下さらないんですか?』
少し興奮してしまい、言い終えてから『すいません。』と一言。

『私が診察していたら、細かく指示したかもしれないんですが、診察した時私じゃ無かったので、そこは何とも言えないんですね…後、ご紹介した病院はこの地域に同じ名前で2つあるんですが、なぜそちらに行かれたのでしょうか?』

たしかに紹介された大学病院は同じ名前で2つあり
診察時には、どちらでも良いと言われたので
家から近い方に行きました。

女医さんは私が選択しなかった、もう1つの大学病院から、移動された方で規模的にも、そちらが本院で、私が行った方が分院のような感じでした。

今更のような話が続き
選択や判断は、全て患者側の責任です。と言われているような感じでした。

とりあえず、今この場でそこを議論しても仕方ないと思ったので、体外受精を受けるにはどういう手順なのか説明を受けました。

なぜ開腹手術
なぜその病院に
体外受精

また大きな課題を持ち帰る事となり
またネットの情報を読み漁りました。

【過去の妊活ブログはこちら】
【40歳の妊活ブログ】

40歳女性の不妊ブログ17 体外受精にステップアップしては…へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。