この記事は約 4 分で読めます。

不妊治療で心配なお金のこと。保険・助成金制度を調べておこう!

Pocket

不妊治療は、期間が長引けば長引くほど、費用がどんどん膨れあがり、体外授精・顕微受精といった高度生殖医療を受けると100万円を超えてしまうケースもあります。
高額な医療費をかけても必ず妊娠できるという保証はなく、身体的・心理的・経済的負担が重くのしかかってきます。
赤ちゃんが欲しいあまり金銭感覚が麻痺して家計が立ちゆかなくなっては大変です。
不妊治療を開始する前に、夫婦でお金のことをしっかり話し合い、無理のない治療計画を立てることが大切です。

不妊治療、なぜこんなにお金がかかるの?

不妊治療にお金がかかる理由は、健康保険が適用されない治療が多いからです。
不妊の原因となっている「病気」の治療や、その病気を調べるための検査には健康保険が適用されますが、不妊症は病気とみなされないため、人工授精・体外授精・顕微授精といった治療には保険が適用されないのです。

病院によってかかる費用は違いますが、人工授精の医療費は、1回1~3万円ほど。
人工授精を5~6回行っても結果が出ない場合は、体外授精にステップアップしますが、体外授精になると1回の費用は30万~50万、さらに高度な顕微受精になると1回の費用は40万~80万にもなります。
妊娠の確率を上げるために「排卵誘発剤」の注射を増やしたり、受精卵を凍結したりすると、課金のごとくどんどん費用が膨れあがり、見積もっていた金額をオーバーすることも少なくないのです。

不妊治療を始める前に「保険」に入るべき?

不妊の原因を特定するための検査で病気が見つかり、入院・手術が必要になることもあります。
体外授精などの特定不妊治療以外にも医療費がかかる可能性があることも視野に入れ、女性特有の病気も保障してくれる医療保険に加入しておくと安心です。

最近では「不妊治療」を対象にした保険も・・・

日本生命保険「シュシュ」 

出産サポート給付金付3大疾病保障保険「シュシュ」は、がん・急性心筋梗塞・脳卒中と死亡に加え、出産や特定不妊治療に備える保険です。
不妊治療保険の適用範囲は、体外受精・顕微授精ですが、加入後2年間は不担保期間とされ、費用の保障はありません。
40歳以上で加入することはできないので注意が必要です。



アイアル「子宝エール」

不妊治療中でも加入できるアイアル「子宝エール」は、過去1年以内に不妊治療(排卵誘発剤の投与・人工授精・体外受精・顕微授精)を行っている方が対象です。
保障対象外の病気は「卵巣過剰刺激症候群」「骨盤腹膜炎」「子宮内膜ポリープ」「帝王切開」「流産(切迫流産を含む)」「切迫早産」の6つのみで、これ以外の女性疾病を保障してくれます。



不妊治療の助成金制度を活用しよう

医療保険以外では、不妊治療の経済的負担を軽減するための「助成金制度」がありますので、忘れずに申請しましょう。

厚生労働省の助成金制度 

2004年にスタートした厚生労働省の「特定不妊治療助成金事業」
「不妊に悩む方への特定治療支援事業」という名称で、高額な医療費がかかる「体外受精」「顕微授精」の費用の一部を助成してくれます。

【助成金対象者】

  • 治療を受ける時点で、法律上の婚姻をしている夫婦であること
  • 夫婦の前年の所得額が730万円未満であること
  • 治療開始時点で妻の年齢が42歳以下であること

この条件に当てはまれば、1回につき最大15万円、初回は30万円が助成されます。
助成を受けられる回数には制限があり、39歳以下は6回まで、40~42歳では3回までです。

【申請の方法】
都道府県が申請窓口になっています。  
都道府県のホームページで「特定不妊治療費助成申請書」をダウンロードし、必要な項目を記入して指定の送付先に送付しましょう。

市区町村が独自に実施している助成制度

国の助成金制度とは別に、独自の助成金制度を実施している都道府県や市区町村もあります。
対象者や助成金額は自治体によって様々なので、ホームページなどでしっかり確認しましょう。

不妊治療で医療費控除が受けられる場合も。


医療費(1年間の医療費-助成金を差し引いた額)が世帯で10万円を超えていたら、確定申告時に医療費控除が受けられます。
たとえ還付金が少なくても、翌年の住民税が安くなるので、不妊治療の検査・治療費、薬代の領収書を保管しておくとよいですよ。

病院に行く交通費も対象になりますから、交通機関を使用した日、交通手段、駅名、料金をメモしておくといいですよ。
ただ、妊活で使用したサプリメントや健康食品、妊娠検査薬や排卵検査薬は対象外です。
医療費控除の申請書は国税庁のホームページからダウンロードできます。

不妊治療は、年齢が高くなればなるほど、妊娠率が低くなり長期化しやすい傾向にありますから、経済的なことも考え、早めに治療をスタートすることがポイントです。