この記事は約 3 分で読めます。

プレミン葉酸サプリを服用して高齢出産しました【体験談】

Pocket

38歳後半から不妊治療を始め、妊娠するために様々なサプリメントを服用してきました。

例えば、マカ、サンシュユ、イソフラボン、タンポポ茶など、インターネットで「これで妊娠できました!」という項目を見つけると、自分もきっと投稿者と同じように早く妊娠が出来るのではないかという希望をもって、試してみるのですが、数か月経っても全く効果(妊娠)を感じることはできず、色々なサプリメントに手を出しました。

そんな中、ある製薬会社のインターネットHPを見て、妊娠するには卵子の質をあげなければいけない。それに必要なものが「ミトコンドリア」と主張していました。その製薬会社とはゲンナイ製薬のプレミンと言いました。

その会社のHPに出会ったのは、すでに誕生日が過ぎた半年の39歳。決して安くはないサプリメントでしたが、購入することを決意。そしてそこで、また新たに、妊娠するには「葉酸サプリメント」は妊娠する前から必要不可欠なサプリメントであることを知るのです。

不妊中は、バランス取れた食事、適度な運動が必要だと、どの不妊治療のサイトでも言っていますが、忙しい日々の中で、毎日それを行うのは、簡単なことではありません。

ゲンナイ製薬が開発した「プレミン」というサプリメントは、葉酸だけではなくカルシウムや鉄分、ビタミンなど、日ごろなかなか摂取できない栄養素を、バランスよく補えるサプリメントでした。

多くの不妊用のサプリメントは、女性が飲むものだと決めつけんばかりに、女性用のものが多い中、ここのゲンナイ製薬のサプリメントは、男性不妊用のサプリメントを販売していることも私の中で好感が持てました。男性用は、亜鉛、ビタミンE、マカ、カルシウムなどの栄養補給が補えるものです。

私たち夫婦の不妊の原因は、

女性の私は特に原因はなかったけれど一番の問題は高齢であること。また、主人はまだ若いけれど、泌尿器科から男性不妊の治療を受けているということでした。そのため、主人にもサプリメントを服用してもらうことにしたのです。

サプリメントは、夜寝る前に飲むのがお約束でした。サプリメントの大きさや飲み心地は特に違和感はなく、寝る前の儀式の1つとして、半年間飲み続けました。その間、何度か体外受精を行いましたが、効果は出ませんでしたが、プレミンの葉酸サプリメントに加え、高いミトコンドリアのサプリメントも飲んでいたため、毎月の費用はかなり痛いものでしたが、ここまでやったらあとには引けないという思いで飲み続けて8か月後、4回目の体外受精で、初めて受精卵が子宮にかすったかもしれないという結果をもらうことが出来ました。

かすっただけなので、当然妊娠はしていませんが、やっと効果が表れてきたのではないかと希望を持つことが出来ました。

そしてサプリメントを飲み始めて9ヶ月後、

とうとう5回目の体外受精で妊娠判定をもらうことが出来たのです。

葉酸サプリメントは、妊娠する前から服用することを厚生労働省が薦めています。妊娠する前から葉酸を摂取しておくことで、神経管閉鎖障害を予防することが出来るからです。

しかしながら、葉酸を摂取することで妊娠しやすくなるということは、科学的な根拠はないとされています。葉酸を取ることで、全身の血液の巡りが良くなり、子宮や卵巣などの働きが良くなるかもしれない。という程度のものです。

とはいえ、前述したように、妊娠する前から葉酸を摂取することは大切なので、不妊治療をしているときも葉酸サプリメントを毎日摂取することをお勧めします。

プレミン葉酸サプリを服用して高齢出産しました【体験談】へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。