この記事は約 13 分で読めます。

サプリメントアドバイザーがおすすめするプレミン葉酸とは!?

妊活をする際、「葉酸 サプリ」と検索される方が増えている様です。それは、医師から「葉酸を摂取する様に」という勧めであったり、周囲の妊活経験者の方からのアドバイスが主な理由です。

しかしながら、「葉酸 サプリ」と検索しても商品が多過ぎて選べない!というお声も、サプリメントアドバイザーである私に届きます。

残念ながら、サプリメントアドバイザーという資格だったり役割が浸透していないのが現状であり、どこに行けばアドバイザーとお話しが出来る。というモノでもありません。そのため、今回の様に記事を書かせて頂き、世の妊活をされる女性の為になればと思います。

今回ご紹介させて頂きますのは、「プレミン(ゲンナイ製薬株式会社)」というサプリメント。

低評価から高評価に変わったプレミン

葉酸サプリの中では珍しく、男性用も製造されており、それだけでもメーカーの意気込みが感じられます。 そのプレミンですが、以前は「プレミンママ」「プレミンパパ」という名称で製造されており、2017年2月14日にリニューアルされたのが現在のプレミンです。
どの業界もそうですが、サプリメントもリニューアルされる事はよくある事です。

そのリニューアルによって、製造方法・検査方法・成分表示が変わるのですが、このプレミンの場合はランク外だったポジションから、優秀な葉酸サプリとして生まれ変わりました。

何を持ってランク外だったかというと、簡単に書かせてもらいます。

    ・葉酸(180μg)→(400μg)
    ・鉄分:ヘム鉄(3mg)→ ヘム鉄(8mg)+ 非ヘム鉄(7mg)
    ・ビタミンC(60mg)→(100mg)

他には妊活じゃなくても避けるべき添加物が使われていたり、定期購入コースが無かったりと、オススメする理由も無い製品でしたので、我々サイド側からも優先度の低い製品群の一つでした。

特に葉酸(180μg)というのは、一番の落選項目でしたので、素晴らしいリニューアルを遂げた製品となった訳です。

また、検査方法も国内基準ではなく、世界基準(NSF GMP基準)となった事も妊活女性を安心へ導く大きな進化となり、「選ばれる葉酸サプリ」の地位を築いています。

おそらく、「葉酸サプリランキング」の様に、たくさんの方がオススメランキングを紹介されていますが、リニューアルされたプレミンをご存じない方もいらっしゃる様です。

その為、ランキングが更新されてない(ランキングに入っていない)のが多いのだと思います。プレミンに劣るモノが上位にあったりするランキングもありますので、この業界の動きが激しいので、読者の皆さまも常々チェックをお願いいたします。

では、次の章ではプレミンが妊活のどのタイミングで一番効果的なのかをお伝えします。

妊活・妊娠・授乳期でサプリを使い分けると良い

「私、今日から妊活します!」と高らかに宣言される方も増えてきました。少子化と言われる中で素晴らしい事ですし、本来の命を繋ぐ。と言う人間そのものだと思います。

その妊活には大きく分けて3ステージあります。

    ・妊娠前〜妊娠初期
    ・妊娠初期〜妊娠後期
    ・授乳期

各ステージで特に必要となってくる栄養素が変わってくるので、配合されている栄養素によってサプリを変える事をオススメ致します。特にランキングに載っているサプリは配合されている栄養素が似ているモノもございますが、含有量の違いがありますので、選ぶ際のポイントをご紹介します。

まず、妊活に必要な最低限の栄養素をご紹介します。(日本人の食事摂取基準(2015年)概要より)

知られていない各栄養素の1日当りの最低摂取量

たんぱく質

・18〜49歳女性の推奨量:50g/日

ビタミンB群

葉酸

・18〜49歳女性の推奨量:240μg/日
・妊娠を計画している女性、妊娠の可能性がある女性は付加的に400μg/日
 のモノグルタミン酸の摂取が望まれる為、640μg/日

 ※モノグルタミン酸については、こちらをご覧ください

ビタミンB6

・18〜49歳女性の推奨量:1.2mg/日
・妊婦への付加量は0.2mg/日
・授乳時は0.3mg/日を推奨している

ビタミンB12

・18〜49歳女性の推奨量:2.4μg/日
・妊婦への付加量は0.4μg/日
・授乳時は0.8μg/日を推奨している

ビタミンC

・18〜49歳女性の推奨量:100mg/日
・妊婦への付加量は10mg/日
・授乳時は45mg/日を推奨している

カルシウム

・18〜29歳女性の推奨量:650mg/日
・30〜49歳女性の推奨量:700mg/日

ビタミンE

・18〜49歳女性の推奨量:6.0mg/日
・妊婦:6.5mg/日
・授乳時は7.0mg/日

・18〜49歳女性の推奨量:10.5mg/日
・妊娠初期の方は付加的に2.5mg/日
・中期・後期の方の付加量は15.0mg/日
・授乳時の付加量は2.5mg/日を推奨している

亜鉛

・18〜49歳女性の推奨量:8mg/日
・妊婦の付加量は2mg/日
・授乳時の付加量は3mg/日を推奨している

マグネシウム

・18〜29歳女性の推奨量:270mg/日
・30〜49歳女性の推奨量:290mg/日
・妊婦の付加量は40mg / 日を推奨している

ビタミンA

・18〜29歳女性の推奨量:650μgRAE/日
・30〜49歳女性の推奨量:700mgRAE/日
・妊婦後期のみへの付加量は80μgRAE/日
・授乳時は450μgRAE/日を推奨している

詳しい情報に関しては、以下をご覧ください。

引用:日本人の食事摂取基準(2015年)概要

過剰摂取や不足もいけませんが、この推奨量というのはあくまでも最低限の量です。日本人は男女年齢問わず、栄養摂取量がかなり低い位置にいますので、推奨量を摂取したからといって安心してはいけないことを覚えておいてください。

さて、先ほど妊活に必要と言われている栄養素をあげさせて頂きました。基本推奨量に加えて、「付加量」という言葉で+α必要な量を書いています。
妊娠前、妊婦時、授乳時と3ステージに分かれているのが分かったところで、

プレミンは、いつ摂取するのがベストなの

このプレミンに関しては、3ステージのいつ摂取してもオススメできる製品です。ビタミンA,Eが入っていないので、気になる方は別の製品から摂取頂く必要がありますが、他の栄養素(葉酸・ビタミンB6,B12、鉄・亜鉛)は推奨量をクリアしています。

カルシウムも葉酸サプリの中ではトップクラスの含有量で、マグネシウムも微量ながら含まれています。

ビタミンC、カルシウム、マグネシウムが推奨量をクリアしていませんが、人気葉酸サプリの中ではオススメできる含有量です。

改めて表にしてみましたので、ご覧ください。

では、栄養素が葉酸サプリでトップクラス。という事をお伝えしましたので、他の葉酸サプリとの比較をしてみましょう。

商品名プレミンmiteteはぐくみベルタ
費用5,980円1,800円6,980円5,980円
定期購入3,980円3,980円3,980円3,980円
危険な添加物の有無無し危険度は低いがアラビアガムが含まれる無し添加物は安全。原材料のパセリは避けたほうが良い※1
製造工場NSF GMP工場国内GMP工場国内GMP工場 日本健康・栄養食品協会認定国内GMP工場 日本健康・栄養食品協会認定
安全検査放射能検査,残留農薬検索,ヒ素・鉛・ヨウ素検査残留農薬検査,栄養成分,トランス脂肪酸,等々放射能検査,残留農薬検査16科目をクリアと公表している
最安値サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

商品の各画像は各HPより引用。
※1…パセリの危険性については諸説ありますし、学術的な文書も見ておりません。ただ、火の無いところに煙は〜。というモノだと思いますので、この期間は避けるべきだと思います。

http://rocomama.com/?p=248
https://ninpy.com/archives/1178

後ほど各サプリとの栄養素の比較も致しますが、まずはプレミンに配合されている特徴的な栄養素をお伝えします。プレミンには、他のサプリではそもそも入ってないモノの方が多いマグネシウムが配合されているのも一つの特徴です。

含有量が分からなかったり、少なかったりするモノも多くある中で貴重です。しっかり含まれている訳では無いのですが、あるに越したことはない成分です。

成分に関していえば、鉄分に関しても素晴らしいと感じています。鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」という二種類が実はあり、普段の食事からは「非ヘム鉄」を摂取する割合が高く8割近いと言われています。

またこの配合が面白く、15g中8mgがヘム鉄。7mgが非ヘム鉄。というバランスで吸収効率が良いモノとなっています。一般的な鉄分サプリだとヘム鉄サプリが主流で、セットになっているのは画期的です。

更に、ビタミンDも含まれている事が嬉しくなります。

個人的にはビタミンDの今後の活躍に期待をしているので、免疫力UPや妊娠しやすい体作りに有効かもしれない。という状態まで評価が上がっている為、少しでも授かりやすい体作りに貢献できるのではないか。と思います。

さらに、プライバシーマークを取り入れているのもプレミンの評価点の一つです。お客様の個人情報を責任を持って適切に扱います。という企業としての責任も感じ取れます。

サプリメーカーでは、このプライバシーマークを取得されている企業は本当に少ないので、こういった制度を取り入れていることをしっかり開示されると安心を得られる一つになります。

また、他の製品にも言えることではありますが、人気葉酸サプリの必須となっている「合成葉酸400μg」が摂取できる製品でもあります。「合成葉酸」と聞くと抵抗がある方もいらっしゃると思いますので、「天然葉酸」と「合成葉酸」につきましては、

こちらをご覧ください。

プレミンと他人気葉酸サプリで取れる量を比較

商品名プレミンmiteteはぐくみベルタ
葉酸(ug)400400500400
B6(mg)1.41.81.24
B12(ug)2.82.42.2不明
C(mg)10010040不明
カルシウム(mg)250200200234
マグネシウム(mg)100不明不明
鉄(mg)15101014.7
亜鉛(mg)103不明不明
最安値サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

改めて見てみますと、「不明」や「×」があると判断する時にマイナス材料になります。天然素材を使用されているサプリですと、成分が安定しないのが理由の一つだと思いますが、成分量が開示されているプレミンが、また安心を獲得しました。

今回の項目は、妊活にあると良い。とされている栄養素を独断でピックアップしたモノです。先ほどお値段の表も出しましたが、それも含めて、プレミンが素晴らしい製品だという事が分かります。

プレミンは安全なのか?

ここまでプレミンに含まれる栄養素が素晴らしい!というお話しをしてきましたが、いくら配合成分が良くても安全性は大丈夫なのだろうか。と思われる方が多いでしょう。

特に妊活中は、サプリに限らず体内に入れるモノや生活環境にも気を配って頂きたいのですが、どうもサプリの安全性だけ気にされる方が多くあるように感じております。

大事なのはサプリだけではありません。あくまでも「栄養補助」が目的であるので、一番大切なのは生活習慣(食事・睡眠・休憩・環境・運動)といった基本的な部分です。

ここを疎かにし、サプリを試しているのに効果がない!という方、本当に多いです。無添加生活をしろ。とは言いません。無理なので。

ですが、基本的なお食事・睡眠・運動は行って欲しいところです。

                              
さて、本題に入りましょう。

そもそも、サプリって安全なのでしょうか。サプリにおいての安全とは…一体どういう事なのか。

まず、サプリのご相談でご質問頂くのが…

「添加物って大丈夫ですか?」

この記事をお読みの方も添加物が気になる方がいらっしゃる事でしょう。その添加物ですが……問題ございません、安心してご利用頂けます。

また、ホームページではこのようにも公表されています。

プレミン添加物

引用:プレミン公式サイト

「原材料って大丈夫ですか?」

時折、意識の高いご質問を頂きますが、ほとんどのメーカーが原材料の原産国を公表しておりません。言えないメーカー(中国産の原料を大量に使用したりする為)もあるとは思いますが、このプレミンのホームページを見て驚きました。

全て開示ということが、凄まじい安心感を感じさせます。それは他の製品がそこまで行き着けない。という事であると当時にプレミンの自信も感じられます。もちろん中国産の原料はございませんので、ご安心ください。また、ホームページではこのようにも公表されています。

プレミン加工国

引用:プレミン公式サイト

「製造過程は大丈夫ですか?」

このご質問も頂きますので、時折「一緒に工場見学でも行きますか?」と思う事があります。可能であれば、酒蔵見学や自動車工場の様に気楽に見学してみたいところだと思いますが、このプレミンに関しては安心できそうです。
 
と言いますのも「NSF GMP認証工場」という世界レベルの認証検査を受けた工場で製造しておられます。日本のサプリ業界は本当に混沌としておりますので、良質サプリの判断基準の一つに「GMP認証工場」が良い。と以前お伝えさせて頂きましたが、それを超える基準です。

簡単な表でランクをご紹介いたします。

>

項目
認定国
安全性
信頼性
一般の製造工場 日本 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
GMP 認定工場(公益財団法人 日本健康・栄養食品協会) 日本 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
GMP 認定工場(一般財団法人 日本健康健康食品規格協会) 日本 ★★★☆☆ ★★★☆☆
FDA 認定工場 アメリカ ★★★★☆ ★★★★☆
NSF GMP認定工場 アメリカ ★★★★☆(4.5) ★★★★☆(4.5)
cGMP認定工場 アメリカ ★★★★★ ★★★★★

細かく見ると他にもございますが、日米3種ずつ選出してみました。

一般の製造工場

昨今の健康食品で訴えられる商品を製造してしまうのが、一番上の「一般の製造工場」です。聞くところによると、工場側に必要成分だけを伝えると工場が作ってくれる様です。

これだけ見ると凄い事なのかもしれませんが、何が使われてどの様に。ということは度外視です。「流行りの◯◯という成分を使ってくれ」というオーダーで製造に取り掛かり製品が完成する。この様な感じで販売されるのが、一般の製造工場です。

次にあるのがGMP認証工場です。

日本国内には認定機関が2つあり、「とても簡単に認定が得られる方」として知られるのが、公益財団法人 日本健康・栄養食品協会のGMP認証です。

こちらの認定のマークを掲げているメーカーは多くあります!

こちらの機関は、いわゆる「お金で買える」というほどのゆるい機関です。某金賞受賞のアレの様な感じなので、この認定があるか無いかと言えばある方が良い程度です。

一方、こちらのロゴで活動されている認定機関が、一般社団法人 日本健康食品規格協会(JIHFS)です。

こちらの機関は、前者とは全く違い厳しい機関のようです。と言いましても、あくまでも国内。こちらの方が信用度が高いのですが、アメリカの基準には及ばないです。

では、4つ目からアメリカの基準となり、厳しいモノになります。

まずは、「アメリカ食品医薬品局」のFDA。

アメリカへ輸出するためには必要な認定です。日本のように、「お情け」という馴れ合いがないので、厳しいモノになります。

次が、プレミンが公表している「NSF GMP認証工場」ですね。

国立公衆衛生財団という非営利・非政府機関ですが、国家基準を開発できる機能があり、公衆安全衛生の企画を制定し、この企画を元に製品の認証・検査及び登録を行っています。

日本では「ISO9000」が有名ですが、現時点で140,000の製品・サービス又は4,000に上る企業がNSFの認証を受けています。

最後にご紹介するのが「cGMP」ですね。

これは世界でも最も厳しいと言われ、他国のGMPと区別する為にcがついている。と言っても過言ではありません。と言いますのも、「食品の安全・品質の基準は、日々変わるものだから、常に基準を更新していかなければならない」という考えのもと、GMPを常に最新ものに変えているのです。
 
その為、アメリカの「最新の・現在の」という意味のcurrentの頭文字をとり、「cGMP」と呼ばれています。残念ながら、人気葉酸サプリで、このcGMPを取得する程の安全性・信頼性を持った製品が無いのが現状です。

以上の6つの基準を知った上で、人気葉酸サプリを見てみますと…公益財団法人 日本健康・栄養食品協会のGMP認証を受けている良質な葉酸サプリは、「ベジママ」「はぐくみ葉酸」「ララリパブリック」の3種。

オススメは出来ませんが、この記事で比較対象にさせて頂いております「ベルタ」も同じ認証を受けております。

コストパフォーマンスは良いの?

ここまで、プレミンの含有量・安全性・信頼性をお伝えしてきました。では、実際に購入!となった場合、やはり大切なのはお値段でしょう。

料金の比較を上部の表で書かせてもらっておりますが、改めてお伝えいたします。

妊活は女性だけではなく、男性も行う!という事をしっかりと体言されておられます。男性用プレミンもありますので、ご夫婦・カップルでご使用頂くと良い事があるかもしれませんね。

先ほどの表で、同じ様な価格帯のサプリと比較しておりますが、コストパフォーマンスは優れていると言えます。栄養の含有量、原材料の開示、プライバシーマーク、NSF認証も含めて、企業努力をされているのだと感じております。

また、定期購入のお値段も他サプリと大差ないのが魅力です。税・送料込みでのお値段なら嬉しいですね。

プレミンが特に安心して始められる事

プレミンはコンビニやドラッグストアで売っている様な販売形式ではありませんので、初めてサプリを購入される方からしたら、色々と不安材料が多いことと思います。

サプリにも相性がありますので、合わなければどうしよう。という方もいらっしゃると思いますし、途中で辞められるのかな。返金とかあるのかな。相談にもさせて貰えたら嬉しいな。その様なお気持ちの方もいらっしゃる事でしょう。

ご安心ください。プレミンは、その点のサポート体制も整っておられます。

・定期便は受け取り回数の縛りがない

最低6ヶ月は続けてください!という所もあるので、この制度はありがたいですね。

・1ヶ月のお休み制度がある事

辞めたくないけど、ちょっと休憩したいな〜。という時があります。
ここまで対応してくださるのはありがたいです。

・返金保証

全額返金は本当にありがたい所です。
これを利用する妙な人が出ない様に祈りますが、真剣なユーザーからしたら、自分に合うサプリを探したいものです。

・サポート制度

どの様な方が対応してくれるのか。と気になる所ですが、社長・スタッフの写真を公表することで安心できる方もいらっしゃるでしょう。出産経験者・サプリメントコーディネーターが対応してくださる。という点も良いですね。

10:00 – 21:00まで対応して頂けるというのもありがたいポイントです。

プレミンの購入方法

こちらの製品は、Amazonや楽天といった大手通販サイトでの販売はございません。公式ホームページよりご購入いただき、定期購入をされるのが一番お安い方法の様です。他で購入した場合、返金制度には該当しませんのでお気をつけください。

プレミンの効果を引き出す飲み方

買う前の判断材料の一つとして、錠剤の大きさやニオイが気になる方もいらっしゃるでしょう。

錠剤の大きさですが、

直径9mm 厚みが5.5mmほどで、カドが丸く加工してある様ですので、飲みやすい配慮をされてます。

味・ニオイ

引用:プレミン公式サイト

サプリメントの吸収率

これは、食間や空腹時が良いと言われています。何も無い状態のお腹に入れると良いと言われていますが、私はあまりオススメしません。確かに吸収量は良いですが、胃に負担がかかりますので、錠剤に関しては食後の方が良いでしょう。

プレミンのホームページでも、「最初は食後かおやすみの前」と書かれていますので、まずはそれに従ってお飲みになられてください。

●葉酸の効果を高める為の飲むタイミング

吸収効率に関しては、食間や空腹時が良い。と先ほど書かせて頂きました。効果を高めるには、その時間がベストでしょう。ただ、葉酸はビタミンB群の一つなので不要なモノは体外に尿として出て行きます。体内に吸収させるには、各食事の間の時間を利用して飲むのが良いかもしれません。

プレミンは1日4粒を目安とされていますので、食事の間と寝る前か起床後だと体内に栄養素を残す事が出来ます。(尿にいく事も増えると思いますが)

一緒に飲むと効果があるのか

この度のプレミンには、ビタミンB群、ビタミンCが含まれていますので、葉酸を飲むには良い助けになりますし、各々がしっかり働きます。

栄養素は単品で取るのではなく、なるべく一緒に摂る事を心がけてください。特に葉酸は単体では残念ながら思う様な結果は出ません。

グループ活動をする事で働けるタイプなので、プレミンは理想です。

一緒に飲むのを避けた方が良いもの

「亜鉛」のサプリは葉酸の吸収を妨げると言われていますが、プレミンには亜鉛が含まれていますし、プレミン以外の優秀なサプリにも亜鉛が配合されているモノがございますので、この点は気にされなくても良いかと思います。

また、葉酸と飲み合わせが悪い薬もあります。

    ・尿路感染症の治療に用いられる「トリメトプリム」
    ・血中のコレステロールを減らす薬剤「コレスチラミン、コレスチポル」
    ・不眠症の治療に使われる「バルビツール」
    ・抗生物質の「クロラムフェニコール」
    ・解熱鎮痛剤の「アスピリン」

などです。

薬を処方されている場合は、葉酸サプリとの関係性について、薬剤師や医師と相談をされた方が良いかもしれません。

プレミンの使用者

引用:プレミン公式サイト

プレミンの利用者は妊活中の方が67%、妊娠中の方が33%の様です。この中に男性ユーザーが含まれているのかは分かりませんし、妊活中から継続して妊娠中も使っているのか、妊娠後に飲み始めたのかも興味深いのですが、妊活準備中が26.1%ということから、葉酸サプリの需要の高さが分かります。

以上で「プレミンとの付き合い方」は終了でございます。実際に、プレミンを飲まれている方のブログやレビューも参考にされると良いとは思います。いくらNSF GMP認証をされているとはいえ、必ずご縁があります!とは言えません。

ですが、国内での人気葉酸サプリではダントツでオススメできるサプリです。
迷われている方、ご検討されている方へヒントになります様に。

【ライター】

高松
日本ニュートリション協会認定のサプリメントアドバイザーです。『「サプリメントアドバイザー」とは、食生活や健康、美容やスポーツ、育児や介護などの分野で健康維持とサプリメント摂取のアドバイスが的確にできる専門家です。

サプリメントアドバイザーがおすすめするプレミン葉酸とは!?へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。